中学英語完全マスター講座 中学英語の勉強法

中学英語完全マスター講座

中学英語の勉強法


中学生のための英語の勉強方法として、次の3つをお勧めしています。

  1. 学校での教科書中心の授業
  2. サブノート型テキストを使ったここ、英語コーチでの勉強
  3. NHKラジオの基礎英語を毎日聴いて、リピートするなりして声に出すこと

それぞれ、以下簡単に説明します。


1.学校での教科書中心の授業

 学校の授業では、CDやテープや先生の後にリピートをして、新しく出てきた単語や熟語に慣れ親しんで、自分のボキャブラリーに加えていく作業があります。1回の授業だけで完全に覚えることができる人はあまりいないと思いますが、しっかりと自分の耳で聴いて、きちんと声に出す作業をしなければ、効果が出るのは遠いといえるでしょう。英語の勉強は、実技科目の習得でもあり、これらをおろそかにすることはできません。手を動かして書いてみるのも新単語等のつづりを覚えるのに役立つでしょう。
 また、単語や熟語などの比較的短いものだけでなく、文や文章を意味を理解しながらリピートすることも大切です。実際にどんな場面で使われているかを理解して、会話であれば相手に何を伝えようとしているかを理解して話すことが大切です。
 中学生の授業であれば、新しく習う文法的事項の説明や解説がありますから、それらをしっかり理解し、実際の例文に数多くあたる事が大切です。その文を書いてみたり、リピートしたり、また、新たに自分でその文法事項を使った英文を作ってみるのも勉強になります。
 学校のテストは、日ごろの成果の力試しでもあり、チャレンジつるつもりで受けるといいでしょう。問題演習の後の答あわせが大切なように、テストが帰ってきたら、どこを間違えたのかをしっかり理解し、次回同じ問題がでたら必ず正解が取れるようにしておくのが最高のテスト活用方法です。

2.サブノート型テキストを使ったここ、英語コーチでの勉強

 当教室では、学年ごとの中学1年生用、中学2年生用、中学3年生用のサブノート型テキストを使用し、書き込んでもらっています。間違えたところは、赤のボールペンでしっかり正解を書き込み、記憶に定着するようにしています。
 このサブノート型テキストを中心に勉強し、1冊全部終えてもらいます。ポイントが分かりやすくまとまっているので、学校では習っていない予習分野でもそれほど抵抗なく勉強できます。質問はいつでも可能ですから、安心して予習分野でも勉強できます。どんどん先に進めたい人は、中学3年間の英語を2年間で習得することも可能です。進めるスピードは自分で決めればよく、自宅で進めればさらに進度を速めることも可能です。
 発展学習用に、中学2年生頃から高校分野も解説してある英文法の参考書も利用してもらっています。

3.NHKラジオの基礎英語を毎日聴いて、リピートするなりして声に出すこと

 様々な聴き方がありますが、自分に合った方法で聴き続けることが大切です。こちらでお勧めしているのは、テキストは購入するのですが、CDは購入せず、朝または夕方の決まった放送時間に毎日聴き続ける方法です。習慣化してしまうのがいいでしょう。
 CDがあったり、放送をテープなどに録音してしまうと、いつでも聴けるからと聴くべきものがたまったりもしますので、お勧めしていません。ただし、このような心配が全くないという人には、問題ありませんが・・・。
 学校の授業に比べて高度な内容のために、新しい単語が多く出て来て圧倒されたり、練習問題が限られた放送時間内に回答ができないため、自信をなくしたりするかもしれません。しかし、100パーセント正解の回答ができる人はあまりいないのが現実ですから、自分に1回の放送で完璧を求めてはいけません。
 そんな時には、1日1回しか聴いていなかった基礎英語の放送を朝夕の2回聴くとか、あらかじめ練習問題の回答をテキストに書き込んでおくのも、一つの勉強方法です。こんな方法で毎日聞き続けると、やがて大きな成果となって自分に帰ってくるでしょう。
 また、15分という短時間に集中して物事に取り組むということを毎日実践できるのも貴重な体験です。将来、受験勉強で1日5時間、10時間、15時間、勉強することがあるかもしれませんが、15分間集中して勉強できない人が5時間、10時間、15時間集中して勉強することができないのは明らかです。15分の短時間から始めるのは、まったく無理がありません。

 以上の3つの勉強方法は、それぞれが独立したものではなく、お互いに相乗作用がありますから、英語が得意になる勉強方法としてお勧めしています。例えば、ここ英語コーチで、サブノート型テキストの練習問題を解いて予習分野の新しい文法事項を理解していれば、学校の授業やNHKラジオの基礎英語はとてもわかりやすくなります。
 少しでも毎日続けることが、やがて大きな成果となって現れることでしょう。